メッセージ
〒259-1212 神奈川県平塚市岡崎215-3 TEL:0463-59-3739 【休診日】木/土曜午後・日曜・祝日

【総合診療・家庭医】内科・小児科・訪問診療

ありファミblog

医療関係者の方へ

ありファミblog

WEB予約はこちらから

HOME»  ありファミblog»  家庭医早坂のブログ»  4種混合ワクチンの不足

4種混合ワクチンの不足

4種混合ワクチンの不足

早坂です

ご存知のとおり、ありファミでは乳児検診・予防接種も行っております。
ご希望のある方はお気軽にご相談ください。

さて、本日の話題は「4種混合ワクチンの不足」です。

生まれたばかりの赤ちゃんは通常、2ヶ月から定期の予防接種をはじめます。
その後4週おきに、次々と予防接種を打ち、赤ちゃんの頃に数々の病気の免疫をつけていくのです。

その数々のワクチンの中で、3ヶ月から打つワクチンが「4種混合ワクチン」です。
4種とは、百日咳・破傷風・ジフテリア・ポリオの4つのワクチンを合わせたワクチンなのですが、このワクチンの供給量が全国的に不足しています。
(参考 ⇒ http://www.kaketsuken.or.jp/images/stories/Release_med_V1510_2.pdf)

理由は、ワクチン製造過程の齟齬が厚生労働省に適切に報告されていなかったため。とのこと。
インフルエンザワクチンの出荷停止の時と同様ですね。


簡単に言ってしまうと、3ヶ月から全ての赤ちゃんが打つべき予防接種を打つことができない、という状況なのです。
まだそれほど大きなニュースになっていないのが不思議な程に、インパクトのある問題です。
(インフルエンザワクチンの不足は、あれほど話題になっていたのに・・・)


4種混合ワクチンの接種不能の結果、百日咳の流行が懸念されます。
https://www.youtube.com/watch?v=aFfXpjfI2nk


院内の在庫をやりくりしていますが、新たに接種希望のある赤ちゃんに対して4種混合ワクチンを接種できない現状にあり。
医師としては、非常に胸が痛みます。より早期の供給再開を望みます。


追記①
 第一三共さんが新たに4種混合ワクチンを製造しているとのこと(下記リンク参照)。大いに期待です。
 http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006155.html

追記②
 4種混合ワクチンだけでなく、B型肝炎ワクチン・日本脳炎ワクチン自体も出荷制限がかかっている状況のようです。
 このことがB型肝炎ワクチン接種の定期化に影響しなければ良いのですが。

2015-10-30 15:45:00

家庭医早坂のブログ   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.arigatou-minna.jp/app/TrackBack/receivetb/SID/x6247426/EID/6

トラックバック記事一覧
PAGE TOP