メッセージ
〒259-1212 神奈川県平塚市岡崎215-3 TEL:0463-59-3739 【休診日】木/土曜午後・日曜・祝日

【総合診療・家庭医】内科・小児科・訪問診療

ありファミblog

医療関係者の方へ

ありファミblog

WEB予約はこちらから

HOME»  ありファミblog»  院長小宮山の感謝日記»  ホームヘルパーさんたちの研修会に参加して

ホームヘルパーさんたちの研修会に参加して

ホームヘルパーさんたちの研修会に参加して

小宮山です

ホームヘルパー(訪問介護)さんの研修会にて、昭和クリニックの上野先生、当院の早坂医師とともに「在宅の看取り」について話してきました。
 
私の話した内容は「急変時の対応」でした。
 
ホームヘルパーさんが、利用者さんの自宅で、急に苦しがったり倒れているなどの状況に遭ってしまったとき、あわてて救急車を呼んでしまうと、逆に利用者さんの幸せが損なわれてしまうことがあります。
 
分かりやすい例は、癌など治ることのない病気で、本人や家族もそれをわかっており、最期は自宅で穏やかに迎えたい、という想いをもっている場合などです。

そうした状況でも、あわてて救急車を呼んでしまわないように、とにかく事前にその利用者さんが、「看取り」を前提とした方なのか、そうではないのか、というところを確認しておくことが大事です。
 
また基本的な救命処置や、窒息したり急に出血した利用者さんへの対応の、基本的な知識や技術をトレーニングしておくことで、「いざというときは基本的な処置はできる」という安心感を得られ、逆に「だけれども、ここはそのような処置はせずに、穏やかに看取りを行うところだ」という選択もとれるのではないでしょうか。
 
・・・ということを中心に、お話をしました。
 
 
その後は、各グループにわかれて、ふだんヘルパーさんたちが不安に思っていることや、看取りの場面に出会って困ったことなど、いろいろな話をしました。
 
ヘルパーさんたちと話していて感じたこと。
 
これからはいままで医療で扱われていたことがどんどんと「医療」から「生活」で扱うように、国の政策も個人のニーズもシフトしていく時代になっていきます。
 
そして年間で死亡する人の数がぐっと増えていく多死社会のなかでは「死」も「生活」の一部として扱われる機会がますます増えていきます。
 
死は、もはや医療や病院の専売特許ではありません。
 
そんな時代の中で、利用者さんの生活を支える最前線にいるヘルパーさんは、望む望まないに関わらず、「死」や「看取り」を、生活の中で支えるための技術や知識、そしてマインドが必要となってくるのではないでしょうか。
 
また、医師や看護師も、死を医療や病院で“独占”せず、また独占しようにもできない時代となるため、どのように死を上手に「生活」に引き渡していくのか、必至に考えて、うまく手放して行くという、行動に移して行く勇気が必要になっていくのではないかと思います。
 
今回、熱心なヘルパーさんたちと話したり、ふだんの仕事で優秀な介護スタッフたちとの関わりを深めて行くなかで、そんなことを感じました。
 

 

 

2015-10-29 20:23:00

院長小宮山の感謝日記   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.arigatou-minna.jp/app/TrackBack/receivetb/SID/x6247426/EID/3

トラックバック記事一覧
PAGE TOP