メッセージ
〒259-1212 神奈川県平塚市岡崎215-3 TEL:0463-59-3739 【休診日】木/土曜午後・日曜・祝日

【総合診療・家庭医】内科・小児科・訪問診療

ありファミblog

医療関係者の方へ

ありファミblog

WEB予約はこちらから

HOME»  ありファミblog»  家庭医早坂のブログ

家庭医早坂のブログ

  • 件 (全件)
  • 1

乳幼児の集団健診

寒さもやや和らいできた今日この頃です。
いかがお過ごしでしょうか。

クリニックのある地域のインフルエンザの患者さんも大分少なくなってきており
峠は越えたかなという気がします。

さて、私(早坂)は平塚市の乳幼児の集団健診に携わっています。
月1回くらいですが、火曜と木曜の午後、平塚市保健センターに出動します。

普段クリニックでは見ない1歳半、3歳の子どもたちに沢山出会える機会です。

母子手帳とにらめっこして成長の具合を確認したり
予防接種の打ち忘れ(1歳半で、結構打ち漏れが多いです!)を発見したり
食事や睡眠といった一般的な生活相談を受けたり
色々なチェックをします。

普段会う具合の悪そうな子どもたちと違う、元気いっぱいの子どもたちの姿に、こちらも元気をもらいます。
大切なライフワークの一つです。

クリニックにかかってくれるご家族と遭遇し、嬉しくなることもあります。

もし1歳半健診や3歳児健診で早坂を見たら、ぜひ声をかけてくださいね。
(スピーディな健診の最中なので、中々ゆっくりお話しすることはできませんが...)

2017-02-22 23:51:40

コメント(0)

かかりつけ医と在宅医療

早坂です

 先日、平塚市のよろず相談所(地域包括支援センター)から依頼があり、出縄の高齢者サロンで「かかりつけ医と在宅医療」についての、お話をしてきました。自分たちがやっている仕事の内容をお話し、なぜかかりつけ医が在宅医療をやるといいのか?ということを盛り込みました。

 在宅医療専門のクリニックも増えている最近ですが、やっぱり外来をやりながら、家での生活も支えていく、というところにこだわっていきたいと改めて感じたひと時でした。
 
「老後をどう過ごしたいか家族と話し合っておきましょう」という話をした際に、「その話を切り出すのが難しい」というご意見がありました。

「こんな話をサロンで聞いたんだよ」という部分が話のきっかけになればいいと思いますし、それが難しければ、病院を受診するときに家族に付き添ってもらって、ご自分のかかりつけ医に「これからこんな風に生きたいと思っている」と話す様子を見てもらうのも、いいアイデアかと思います。
 
何かこんなテーマで話をして欲しいという希望があれば、気軽にご連絡ください。
 

2016-09-06 22:36:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

インフルエンザ

平塚市医師会の夜間・休日診療所の当番を月に1-2回やっています。
夜間の勤務ですので、その分の肉体的負担はあるものの、その時々の感染症の流行を知るのに、とても役に立っています。

2015年度は年末年始に来ていたインフルエンザの波が、今頃になってやってきているようです。
30人程度の受診に対し、インフルエンザ(疑いを含む)の方が10人超。

学級閉鎖となっている小学校もあるようです。

皆さん、うがい・手洗い・マスク等万全に、自分の身は自分で守っていきましょうね!


 

2016-01-22 08:08:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

小さな贈り物

早坂です

保育園の園医をやっています。
定期的に保育園に伺って、園児の健康診断や、園での流行を聞き、アドバイス等行なっています。

先日訪問した際に、ある園児に手作りのメダルとしおりをもらいました。



園医をやっていて良かったなーと思うエピソードでした。

2015-11-27 17:57:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

4種混合ワクチンの不足

早坂です

ご存知のとおり、ありファミでは乳児検診・予防接種も行っております。
ご希望のある方はお気軽にご相談ください。

さて、本日の話題は「4種混合ワクチンの不足」です。

生まれたばかりの赤ちゃんは通常、2ヶ月から定期の予防接種をはじめます。
その後4週おきに、次々と予防接種を打ち、赤ちゃんの頃に数々の病気の免疫をつけていくのです。

その数々のワクチンの中で、3ヶ月から打つワクチンが「4種混合ワクチン」です。
4種とは、百日咳・破傷風・ジフテリア・ポリオの4つのワクチンを合わせたワクチンなのですが、このワクチンの供給量が全国的に不足しています。
(参考 ⇒ http://www.kaketsuken.or.jp/images/stories/Release_med_V1510_2.pdf)

理由は、ワクチン製造過程の齟齬が厚生労働省に適切に報告されていなかったため。とのこと。
インフルエンザワクチンの出荷停止の時と同様ですね。


簡単に言ってしまうと、3ヶ月から全ての赤ちゃんが打つべき予防接種を打つことができない、という状況なのです。
まだそれほど大きなニュースになっていないのが不思議な程に、インパクトのある問題です。
(インフルエンザワクチンの不足は、あれほど話題になっていたのに・・・)


4種混合ワクチンの接種不能の結果、百日咳の流行が懸念されます。
https://www.youtube.com/watch?v=aFfXpjfI2nk


院内の在庫をやりくりしていますが、新たに接種希望のある赤ちゃんに対して4種混合ワクチンを接種できない現状にあり。
医師としては、非常に胸が痛みます。より早期の供給再開を望みます。


追記①
 第一三共さんが新たに4種混合ワクチンを製造しているとのこと(下記リンク参照)。大いに期待です。
 http://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006155.html

追記②
 4種混合ワクチンだけでなく、B型肝炎ワクチン・日本脳炎ワクチン自体も出荷制限がかかっている状況のようです。
 このことがB型肝炎ワクチン接種の定期化に影響しなければ良いのですが。

2015-10-30 15:45:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

はじめます!

ありがとうみんなファミリークリニック平塚の早坂です。
あまり長いブログを書き始めて続かなかったこれまでの経験を踏まえ、以下のポリシーでブログを書いていこうと思います。
 
 ・すぐ読み終わる長さの
 
 ・流行に合わせたタイムリーなネタを
  (医療・介護・福祉・プライベート問わず) 
 
 ・(できるだけ)高頻度に (←これが中々難しい。。。)

更新していきたいと思います。
宜しくお願いします。


おまけ
小さな声援でも、あると励みになります。
気楽に感想など教えて頂ければ嬉しいです。


 

2015-10-30 14:49:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

  • 件 (全件)
  • 1
PAGE TOP